妻 不倫

妻の不倫問題で弁護士をたてる

妻の不倫問題で弁護士をたてる。上さんの行動が公然と冷血になってしまって、夫婦の関係が衰弱してきたと勘づき始めていたら、絶えず携帯を操作するようになってしまって、家事や育児をそんなにすることがなくなって、出張することが頻繁になった時。

 

家内の密会が疑わしい時の対応メソッド。

 

家内の姦通が認識した場合はひどくショックですよね。

 

家内の言動がすごく冷やかになってしまって、アベックの結びつきが退廃してきたと嗅ぎ取り始めていたら、いつもiPhoneを操作するようになり、洗濯や食事作りを大抵しなくなって、夜遅くまで飲み会をすることがふんだんになった時。

 

カップルの夜の営みが少なくなり、対話があまりなくなった。

 

自分との性生活は完全にすることが無くなったのに、多彩な肌着が多数になってきて、魅力的な香水をつけて色っぽい洋服で、朝方まで仲よしと出かけることが再三になってきたとき。

 

男性にとっては、明確に浮気をしているとしか見えないけれども、証左が無いのに尋問しても関係が悪化する。

 

そうとは言っても、今の状態で見ないふりしていると自分自身が精神崩壊してしまう。

 

しかも、中学生の子供にとっても悪い影響。

 

妻の不倫調査と失敗例

 

嫁さんが車の中で他の男と接吻していたにも関わらず・・・。

 

妻が帰ってくるのが真夜中になったので、働いている場所に赴いてみたところ、当然のごとく電気が消えていました。

 

駐車スペースに上さんのミニバンがあり、まさか誰かとキッスをしていました。

 

こちらは心神喪失しそうになってしまいました。

 

怒り心頭のあまり、ドアを開いて叫んで怒鳴り散らして、間男のIDを提示させ、慰謝料の要求を行いました。

 

しかし、1週間後に密夫の弁護士事務所から書面が来て、あなたがしてしまった行動は脅迫罪に当たるから、お巡りさんに被害届を提出すると宣告されました。

 

その上、車内で唇で愛撫する行為だけでは不貞行為じゃないので、不義の慰謝料を支弁する義務は無いというのです。

 

こちらははなはだ混濁してしまいました。

 

嫁が誰かとキスしている現場を目撃したにもかかわらず、不倫にならないなんて何を言っているんだと考えました。

 

詰まるところ、示談ということになりましたが、こちらとしては悔しい気持ちです。

妻 不倫記事一覧

妻が不倫したときどうする夫?制裁方法と体験談。嫁さんが車の後部座席で奸夫とキスしていたのに・・・。上さんの帰りが深夜零時を過ぎたので、勤務先に行ってみたところ、やはりクローズしていました。車を置く場所に嫁はんの愛車があり、なんと奸夫と唇で愛撫をしているのです。それを目撃して絶入しそうになってしまいました。激高のあまり、車のドアを開けて慟哭してどなりつけ、他の男の名刺をIDカードを出させ、慰謝料請求...